抗がん剤:副作用か、死亡12件--「ネクサバール」

抗がん剤:副作用か、死亡12件--「ネクサバール」

肝不全と肝性脳症の副作用レポートがあったと思われました。添付文書の「指示」が18日に製造販売の起源でバイエル薬品薬に改訂されたのは、抗ガン剤「Nekusaba-Ru」が管理されていた肝臓癌患者、および指示された厚生労働省へ連続しています。 1年の7カ月後に販売による12の死を含む36のレポートがあると思われて、それを管理した後に、細かい観察が必要です。
終わり、4月、’厚生労働省に応じて今年の10月までに5500人に関して施された、08′についてそれを販売した後に、Nekusaba-Ruは腎臓癌と肝臓癌に使用されました。 アンモニア7と血液の中の密度が上がることを引き起こすという肝性脳症は肝不全で意識などを損ないました、そして、それはともに28、複雑さでした、そして、肝臓癌patientThe肝不全の周りにこれらの中に半面効果レポートがありました、そして、また、肝性脳症には、4の中に消えた4つのケースがありますか?それの5日後はそれを管理します、そして、病気の外観が肝臓癌の劣化で軽率に作用する可能性を持ってください、そして、もっとも、起こってください。 したがって、それを管理するとき血液における、アンモニア値の点検と意識障害の注意を引いたその件が、添付文書に加えられるよう要求されました。 【Kenji清水】

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん治療薬服用 12人死亡 »
« がんを生きる:ここに在る幸福/3 実家で療養…腫瘍消えた