がんを生きる:ここに在る幸福/3 実家で療養…腫瘍消えた

がんを生きる:ここに在る幸福/3 実家で療養…腫瘍消えた

それを持っている7センチメートルが、縮まっている高さの入院患者のブログであるという望み。
私は抗ガン剤による2番目の処理が終わったとき、ドアが飾り付けをされて、それが3週間ぶりに兵庫県の両親の家族に戻った花の香りで包装された全身を感じました。 強く、声の意味にアプローチします… 鳥では、それはそれを聞きます。なべが料理するにおいと台所の窓からのすべてのもの。 ものの味は私によって副作用の味覚障害との関係なしで明確であるとむしろ感じられました。 全身は生きる力を取り戻し始めましたか?

要介護認定のドキュメントに新宿区、それが今年1月に結局一人暮らししたアパートが収容する東京から達しました。 回復病院に備えて適用するためにいなくなる前に、それは病院のスタッフによって推薦されました。 結果が「注意2を必要とします」。 「1週間あたり二度で看護して水浴びは訪問看護師に尋ねるでしょう。」 よく来る人が往診を入れる際に気持ちはローカルと、そこで医師にたいへん好かれました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


抗がん剤:副作用か、死亡12件--「ネクサバール」 »
« 無料講演会「がんは放射線でここまで治る」 22日・癌研有明病院