無料講演会「がんは放射線でここまで治る」 22日・癌研有明病院

無料講演会「がんは放射線でここまで治る」 22日・癌研有明病院

「市民に関する癌の治療の協会」は、22日に癌(癌)の実験室の青白い朝の月の病院(8つの東京の江東の区によって所有されている認識3の31)で「癌は放射のためここで回復する」講演会を開きます。
前部の専門家は癌の治療の柱の3時1分と放射線治療について講義します、そして、患部がそれを切らずに切れるか、または終わることであるか否かに関係なく、判断材料を提供します。
講演は「セカンド・オピニオン通院患者から、学んでください」です。 「端金には、北海道がんセンターの癌の実験室の青白い朝の月のAET社長と代表Eijiのディレクターの「驚異の前進を提供する放射線治療とそれが広まらない日本の現状」*田辺「次世代放射線治療装置の開発」*西尾の正義と指導官にはMasahikoと病院の放射線治療部長がいます。」 「癌は放射のためここで回復します」–病院のTakashi山下の癌の実験室の青白い朝の月のアドバイザーのなど。 質疑応答があります。
午後の1–4時。 100 容量(先着順承認)。 入会手続料は無料です。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がんを生きる:ここに在る幸福/3 実家で療養…腫瘍消えた »
« 英作曲家L・ウェバー、前立腺がん手術後の感染症で入院