英作曲家L・ウェバー、前立腺がん手術後の感染症で入院

英作曲家L・ウェバー、前立腺がん手術後の感染症で入院

はっきりさせられて、手術が慢性感染症による前立腺癌によって受けられた後に、イギリスのその有名な作曲家とアンドリュー・ロイド・ウェッバー(61)が再び入院したということでした。
緊急治療を必要とした合併症が、引き起こされましたが、ウェバーのウェブサイトで発表されていた声明によると、癌における操作は「完全に成功しました」。 そのうえ、前述であり、「それは戻って、新年以前働くために望まれている」ということです。

ウェバーは人気がある音楽の「ジーザス・クライスト・スーパースター」や「猫」などの作品によって知られていました、そして、「オペラ座の怪人」の「まさか、Loveディース(原題)」が2010年3月にロンドンの公衆に公開した続編は最近、扱われました。
そのうえ、それは、来年のBBCに関するオーディションプログラムで審査員を務めにスケジュールに来ます。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


無料講演会「がんは放射線でここまで治る」 22日・癌研有明病院 »
« 40代の乳がん検診方針変えず=作業部会勧告と距離-米厚生長官