40代の乳がん検診方針変えず=作業部会勧告と距離-米厚生長官

40代の乳がん検診方針変えず=作業部会勧告と距離-米厚生長官

米国の厚生秘書が18日にXによる乳癌の定期的な診察の政府の作業部会がひらめかせる絵の点検(胸部X線写真)を取る胸の予防医療の発表の声明を出して、「女性にとって、胸部X線写真による診察は重要でした、そして、推薦は政府の方針ではありませんでした」で「それを40代に推薦しない」で、遠くの生活費の考えを示したseberiusu。
外部が治療する専門家で構成された作業部会は、リスクのため誤判定による回避と過度の点検をしていました。 相対している意見は噴出します、そして、米国メディアは米国癌の社会と患者団体から是非を大規模に始めます、「早期発見の機会は逃されています」と言って。
seberiusu長官「議論があった、繰り返して、老人が定期的な診察と頻度についてどう始めるかから、します。 しかしながら、胸部X線写真は、命を救うための重要な手段です、そして、医師と相談した後に、それは、正しく決めて欲しいです。 」それは呼びました。
1–2で胸部X線写真診察を一度受けるために、この部会は2002年に推薦で40歳か、より多くの女性に推薦されました

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


英作曲家L・ウェバー、前立腺がん手術後の感染症で入院 »
« がん初期治療61~36%、部位で大きな差