がん初期治療61~36%、部位で大きな差

がん初期治療61~36%、部位で大きな差

はっきりさせられて、大腸、肝臓、および肺が40パーセントであったかそれほどそれぞれの内臓の違いをゆったり過ごさないのが、すばらしく、胃が癌が初期段階に国立がんセンターの分析で治療された比率を最大60パーセント攻撃したということでした。
癌患者の兆候(ステージ)の進歩レベルは、国際規格に沿って後だけに調査された全体の国でした。 それは海外のデータと比較されます、そして、将来早期診断と処理にターンされた問題を捜し求めるでしょう。
調査は2007年に全の国の癌の診療において、患者の登録制がベース病院の中で整然としていた305の施設から癌と診断されていた我慢強い33万の情報を集めました。
癌の進歩レベルは国際基準によって5つのステージの0–4用語に分割されます。 大腸と肝臓が36%であり、肺が37%であり、もっとも、0–1用語の処理の始まりに乳腺が49%であった、それ、比較的、打たれて、これらの中の第一段階は胃の61%でした。
同じ胃癌には、初期比に従って、初めの47?79%が管理部門でありました。 37%は小さい負荷で胃癌の初期の患者から内視鏡治療を受けました。 他方では、大腸、胃、肺、乳腺、および

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


40代の乳がん検診方針変えず=作業部会勧告と距離-米厚生長官 »
« 大阪のおばちゃんが歌謡グループ「OSAKAままん」結成