大阪のおばちゃんが歌謡グループ「OSAKAままん」結成

大阪のおばちゃんが歌謡グループ「OSAKAままん」結成

カラオケ恋人の8人の女性が世界的のエネルギッシュで歌のグループ「大阪ママ」を形成しました。大阪パワーにおけるおば。 平均年齢は64歳です。 それぞれ、メンバーはすべての歌の上のお気に入りと共に病気、夫などの看病の苦労を乗り切っています。 高齢者施設などの訪問活動は始められます、そして、オリジナルのCDが来年生産されると言われています。 (中井三木)

「それはNaniwaの女性です。 雌鳥。分離するのは、可能です… 夢、死にます。」。「準備して、オリジナルは調整します。」踊ってください。 活気があるノーは”ryanseする”です。ラテン大阪市のMusicスタジオでは、鳴りました。 それは、労働者の完全になる仕着せの外観に鏡が見えている間にステップを踏む「それは、大阪とnです」のメンバーです。 ダンスは伸びやかな声で大きな声で歌います。もっとも、まずいです。
構成は今年の夏です。 Shoumegu片山、(68) 八尾市では、それがカラオケ大会などであり、面識であり、**sonsachikoが大阪市Miyakoshima区の(62)であったのが、同意しました、「一緒に歌いたいと思います」と言って。

現在のところ、集まるメンバーは、8人です。 それは、人生の苦労を歌うことによって、それぞれそれを乗り切っています。 6年の人生で寝たきりであった後に、さん/さんです。 片山は死にかかっている夫を看病しました。 看護している人生の唯一の気晴らしがカラオケです。 夫を歌いに行くだけです。「はい。 言って、存在で」それは、微笑んで解決しながら、それを送りました。
それが若いときに、**息子は、Singer所有者を殴る能力です。 子宮癌は3年前に見つけられましたが、処理は「再び歌いたいと思う」願望によって耐えられました、そして、死は決定していました。 八尾市の樹理北野(68)は胸にペースメーカーを入れています。
ボランティアで構成して、それを言って、さらに歌を書くと取り組んだ、「すぐに、ずっと」「燃焼は熱します」、 コネ、**息子、」踊ってください。 「ryanse」、知人。作曲家と専門家の増田とdaiakira… 歌とダンスの習慣は繰り返して完了しています、そして、それは今月の3日の八尾市への訪問の目的地の高齢者施設で初めて、発表します。 その時まで、表現を持っていなかった老人は、衝撃的なアンコールに拍手するのを出かけさせました。
しばしば上手に自然をした反応のメンバーは、来年、CD生産を計画します。 「おばは生意気です。 夢は大いに赤くて、白い状態で参加します。 」それは言います。 **息子「それぞれの命のバックグラウンドがあるので、歌声には心があります。 takarakosoを乗り切って、明るい歌声で苦労を聞く人は、エネルギッシュである場合があります。 」それは話します。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん初期治療61~36%、部位で大きな差 »
« 血液で消化器がん検出 北國文化賞受賞の金大・金子教授ら開発