血液で消化器がん検出 北國文化賞受賞の金大・金子教授ら開発

血液で消化器がん検出 北國文化賞受賞の金大・金子教授ら開発

お金の大きい薬が消化器官癌が19日の血液で検出できた新しい方法を開発したと発表されました。 臨床検査の結果、それは約91%の高い確率における判断に成功しました。 点検されて、発見が現在点検より高く評価するということであるかもしれない利点があると言われている、時点、癌について進歩に従って増加する「腫瘍(腫瘍)マーカー」を調べて、PET(陽電子断層エックス線撮影)としてそのようなものに像を描いて、病気の特徴より容易に調べてください。
Shuichi金子教授のグループによる研究、(. . 薬長さ) だれが本年度他における文化的な賞、消化器官癌の患者だけを北の**に得たかが血液の遺伝子のように強健な人と比べてそれを変えた約1,000の遺伝子を発見しました。
時代から始まった臨床試験における2007(2007)、患者のリボ核酸(リボ核酸)はそれが関連した遺伝子を置いた「DNAチップ」癌で垂らされました、そして、それぞれの遺伝子の反応は分析されました。
今までのところ53人の消化器官癌患者の血液を調べたことの結果、積極的な反応は48人に出かけました。 強健な人はそうでした。すべてが暗かった判断されています。 そのうえ、それを言いました。胃や、大腸や、すい臓などの癌の部分は70パーセント以上の確率で指定できました。
初期の癌は腫瘍マーカーによって容易に当たられません、そして、発見率は約2で低いです–50パーセント。 画像診断には、検査費が高かったという設備を必要とすることなどの問題、および大規模がありました。 精度は高いです、そして、この検査方法に関して、それは安全です、便利であり、人間ドックと健康診断による使用は予想されます。
Kanedaiは特許を出願して、研究ビジネス作成の臨床試験とこの大学の薬のデータ管理とライセンス契約をする「級-bikusu」(野々市町)を結論づけます。 早いなら次の12月に独立診療としてそれを実用につけたがっていると思われます。
研究結果は発表されるべき論文、および金子教授の計画をします:「また、この病気の特徴を他の癌に適用できる可能性があります。 簡単で、安全な検査方法を提供することによって、日本の癌の診察の相談速度向上に貢献したいと思います。 」それは話しました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


大阪のおばちゃんが歌謡グループ「OSAKAままん」結成 »
« 消化器がん:少量の血液で9割検出 金沢大グループ開発