消化器がん:少量の血液で9割検出 金沢大グループ開発

消化器がん:少量の血液で9割検出 金沢大グループ開発

遺伝子群を変えるのは少量の血液から調べられました、そして、金沢大学(消化器内科)他のShuichi金子教授のグループは消化器官癌が非常に今までのところ高い確率で診断できた方法を開発しました、そして、それは19日に発表しました。 方法で癌を発見するという確率を90パーセントまで上げることができるならそれが早期発見に通じるので、もっとも、約20%が中古の血液時点で遠くにあります、そして、それは人間ドックと健康診断にそれを取り入れます。 この大学研究が既に特許を求めて、来年診察にアプリケーションが欲しいことであることになっていると思いました。
金子教授の他 ..(胃、大腸、およびすい臓について分析、suizouの消化器官癌の約50人の患者の血液) 働きがアクティブになったとき、一定の遺伝子群の変化が見られたのが確かめられました。 この遺伝子群に注意を向けて、別の53人の消化器官癌患者の血液が調べられたとき、90パーセントに達した48人の遺伝子群は、類似パターンを示しました。 診察でそれを適用するとき、約800種類の遺伝子群に集中します、そして、蛍光試薬は血液(リボ核酸)のリボ核酸に加えられます、そして、反応のパターンは調べられます。 必要な血液は2.5CC、および結果で決着できます。3か4日間後に出されてください。
普通の血液検査で同様の方法で癌を検出できます。血液を使用する癌診断が、もっとも、金子教授に従った検出の確率が約20%、そうであると言うので、遠くに、癌金子教授の発生に現れる材料(腫瘍(腫瘍)マーカー)を調べる方法は、「がんの早期発見に大いに貢献するのは、可能です。」と仮定します。
通じている「DNAチップ実験室」社長の話の癌と松原健一の大阪の大名の教授による変化が遺伝子分析に関して光栄に思う血液における、リボ核酸のバランスを確かめることの例は1回目であるかもしれません。 臨床的な研究を唱えることができるか、そして、点検能力の高さがさらに、立証されて、それは便利な癌診断が明らかにされる足掛かりになります。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


血液で消化器がん検出 北國文化賞受賞の金大・金子教授ら開発 »
« 採血だけで消化器がん発見 金沢大教授らが判定法開発