採血だけで消化器がん発見 金沢大教授らが判定法開発

採血だけで消化器がん発見 金沢大教授らが判定法開発

それ(胃癌、大腸癌、およびすい臓について発表された、できるテクニックはsuizouなどの消化器官の癌を検出します) 単に採血するのによる癌は第19金沢大学で発症されました。 特徴遺伝子群の異常は、消化器官癌で見つけられているのがわかって、癌の存在を判断できました。 高い率で癌によって過去の検査方法から見つけられると予想できると言われています。 それは、人間ドックなどでそれを使用することを目指します。
消化器官癌患者への独特の遺伝子群のこれほど大学薬の部(消化器内科)の他の備え付けることの異常のShuichi金子教授。 この遺伝子群の特徴に注意を向けて、合計で40人の癌患者と13強健な人の53人の血液でそれを調べるとき、癌の存在が約90パーセントのうち48で正しく判断できるだろうと言われます。 他方では、癌は実際に「陽性」と判断した人の約10パーセントによって見つけられませんでした。
発見されて、簡単にしてください。しかしながら. . 初期の癌まさしくその..can発見検証は未来です。それが種類に従ってそれを調べるとき、70パーセントを判断するのにおいて可能であった70パーセント(胃癌と大腸癌(40人の患者))が言われている、癌、膵癌(28人)、それ、腫瘍(腫瘍)の一般的なマーカーの精度が独特のタンパク質から癌のなどまで判断したとき、「陽性」と判断できるのが20パーセントに正しく残っていると言われています; 150人の癌患者それが結果が4 3、日に金沢大学の判断方法で採血するためだけに出て来させる利点であるので、他方では、確かめられます; 特別な薬を与えるのが不要であると言われていて、半額の10万円以下の終わりが平らにする費用が癌の判断に心配それなしで使用される陽電子放射断層撮影(PET)点検のX光線による露出(灯火バク)は(金沢都市)が設立するその「級-bikusu」であると思われます。金沢大学の研究成果を企業にする教育は同意して、製作物は遺伝子の異常を判断できる特別な「DNAチップ」です、そして、それは来年の終わりの独立診療がないかどうか点検し始めたがっています。
金子教授「私は、それが今回の消化器官癌のため点検されましたが、私が肺癌と子宮癌にそれも適用できると思います。 健康診断と人間ドックでそれを点検することによって、早期発見と処理につながりたいと思います。 」..話す。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


消化器がん:少量の血液で9割検出 金沢大グループ開発 »
« 消化器系がんを9割検出 金沢大グループが新技術