消化器系がんを9割検出 金沢大グループが新技術

消化器系がんを9割検出 金沢大グループが新技術

金沢大学他のShuichi 金子の研究グループは胃癌の存在を区別する技術を開発しました、そして、世界で初めての血液の中の遺伝子における変化からの消化器系の癌は20番目を理解していました。
研究グループに関する説明では、この技術で癌を発見するという確率は約90パーセントです、そして、それは過去のテクニックと比べて大いに向上します。 薬を与える特別番組、X光線の露出などもないと言われていて、短期間それを安価に点検するのは、可能です。 それは既に特許を申請しました、そして、来年の終わりの北陸の地域の病院の健康診断などにそれを適用すると考えられます。
研究グループによって、多くの種類の遺伝子の数が消化器系の癌患者の血液の分析で増減するのに従って、異常が独特であることがわかりました。
蛍光試薬は集まっている血液から抽出されたリボ核酸(リボ核酸)に加えられます、そして、光は適用されています、そして、反応と異常は観測されます、そして、癌の存在は判断されます。 消化器系の胃や、大腸や、すい臓や、肝臓や13強健な人などの約40人の癌患者の血液で試みるとき、約90パーセントの癌の存在が正しく診断できたと言われます。
的中率は現在の腫瘍マーカーの点検で約30パーセントでした。 そのうえ、診断は2.5cc採血することによって、可能です、そして、検査費は10万円以下です、そして、また、点検の期間も3に不足している場合があります–4日。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


採血だけで消化器がん発見 金沢大教授らが判定法開発 »
« 中外製薬 エポジン注にがん化学療法に伴う貧血の効能追加申請