中外製薬 エポジン注にがん化学療法に伴う貧血の効能追加申請

中外製薬 エポジン注にがん化学療法に伴う貧血の効能追加申請

中外製薬は、彼らが注意が11月19日に腎性貧血に使用したepojinに関する癌化学療法によると、貧血の効果を加えた承認申請における厚生労働省に行ったと発表しました。 処理の選択はそれが赤血球輸血にすぎませんが、承認されるなら抗ガン剤管理で起こることができる骨髄抑制による貧血のために日本で増加します。 癌の区域が最重点にやってのける同社として製品拡大につなげられると思われます。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


消化器系がんを9割検出 金沢大グループが新技術 »
« 世界初 消化器がんを血中遺伝子解析で9割判定…金子・金沢大教授ら