世界初 消化器がんを血中遺伝子解析で9割判定…金子・金沢大教授ら

世界初 消化器がんを血中遺伝子解析で9割判定…金子・金沢大教授ら

それはそれを導入するでしょう。学校ベンチャーと来年の契約。金沢大学のShuichi金子教授の研究グループはそれらが世界で初めて血液の中の遺伝子における変化で消化器官癌の存在を区別するために技術開発で引き継いだ19日に発表された他を投薬します。 胃、大腸または膵癌存在のどちらかが90パーセントの精度で区別できたとき、良い消化器官癌の早期発見と治療は予想されます。
金子教授の他は、1800年頃に遺伝子が血球に存在するように消化器官癌が起こるときのだけどの働く変化に群生するかを発見します。 変化が特に大きいという約800の遺伝子群は、血だらけの2.5mlを使用することによって、分析されました。
53人の癌患者のケース点検では、癌に関連する材料の血中濃度を調べる腫瘍マーカーの27%である区別率は、遺伝子分析における、91%の精度で3癌の存在を判断できるだろうと言います。 添加では、腫瘍マーカーで正常と診断されて、初期で(1aの期間)胃癌患者の区別に成功したと言われています。
約70パーセントの精度で癌の種類を特定できます、そして、それは難しいと思われた膵癌の早期発見にそれを予想します。 金沢大学は独立の発明を企業と特許許可契約にする学校ベンチャー「級-bikusu」を作ります、そして、それが早いなら、この検査方法は、来年の終わりの医療サイトに取り入れられる期待です。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


中外製薬 エポジン注にがん化学療法に伴う貧血の効能追加申請 »
« ホームホスピス:限られた余命、安心提供 尼崎のNPO「愛逢の家」開設 /兵庫