ホームホスピス:限られた余命、安心提供 尼崎のNPO「愛逢の家」開設 /兵庫

ホームホスピス:限られた余命、安心提供 尼崎のNPO「愛逢の家」開設 /兵庫

人の人生の残りが高年層と病気のため始まった、私、言うことができた「私の家。」残り。, そして、(施設の家、「. . 遭遇..limited人滞在と開いている場所shiのように見ること) . . . . 」 始められたコネを見るのに環境を取った「在宅ホスピス」が、目的とされて、動いて、9 それが中で尼崎市の東苑田町で始まった(お互い)コネの愛の遭遇は珍しいです; それですが、別の家はそれが場所に使用されたところの本当の家ではありません。”.incorporated nonprofit organization” 訪問介護などにそれをした同じ都市の施設、遭遇、」、愛は願っている、「楽に生きて欲しい、あなた、」 そして、設立されました。
今月、開いている場所は1番目です。 基礎に関して、それを改造すると、トイレはエレベーターに設立されましたが、花は庭に植わっています、そして、普通の2話の民家で看病などをしました。 容量は5人です。 また、医療機関がある連携状況があって、スタッフが24時間住んでいますが、特別養護老人ホームもホスピスも法的に避けられないということです。
または、この働く夜法人と日Eikoが話す、「Iはどちらの施設であり、あった、病院、それ、’それは利己主義を意味できたこと」を’人に作るために、欲しいです。 不安から在宅医療の距離を妨げることによってそれをあきらめる人と家族に別の選択肢を提供したがっていたと言われています。
現在のテナントは2人です。 それは、空き時間に居間のスタッフ、および家族など訪問の訪問者と共に食事を食べます。
Kimie服部(97)「庭の花は美しいです。 Okokochi満点」それは話します。 さん/さん、多くの衣服を片づけた愛用の家具が置かれた自室で ドレッシングが上がっているのが好きであった服部は、間近で生きためいとの会話を弾ませて、スタッフでした。
癌から受けて、入って来た(69)の父となる男性は、「良い表現があったので、それは安全であること」で父親の外観への同じ都市(42)=を話しました。 「それが時折それをこぼしたと聞かれます、病院にあるとき’人に戻りたいと思います’と言って。 しかしながら、私と妻には、また、仕事がありました、そして、ホスピス区検索はうまく行きませんでした。 」それは言います。 「多くの会話がここにあります。 痛みに反対の父親の心が少しでも和らぐとき」それは話しました。
昼夜を分かたず働きます。「それはちょうどまだ始まっていました、そして、問題は将来、持って来られるでしょう。 私は、テナントの願望が震動して、不安定になると思います。 しかしながら、また、願望の近くに描いて、両方を乗り切りたいと思います。 」それは話しました。 問い合せ: 愛の人(06・6499・3228)遭遇します。 いいえ。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


世界初 消化器がんを血中遺伝子解析で9割判定…金子・金沢大教授ら »
« ホロコーストの恐怖、がん発生率に影響と イスラエル研究