岡山大、がんの遺伝子治療 日米中で臨床試験へ

岡山大、がんの遺伝子治療 日米中で臨床試験へ

癌を攻撃した免疫細胞によって彼らが死なれるように、岡山大学は20日の癌細胞、およびセル遺伝子療法の臨床試験だけを発表しました、そして、仕事は活発に発表されました、そして、2010年以降プランは日本、合衆国で始まりました、そして、中国は発表されました。
物はものです。容易に有効な状態で悪性の中皮腫もホルモン療法もない、安全、有効性、および前立腺癌を調べる試験であり、高値は再発リスクをそうします。
告発(泌尿器は研究を条件とさせる)の注入される公文書yutakamiによると、岡山大学が発見したがん抑制遺伝子”REIC”教授に建てられるウイルス。 攻撃癌がある免疫細胞を無害に働かせて、誘発されていて、焦点に(セルの自殺)が引き起こされるアポトーシスか免疫細胞以外に癌細胞だけに活性で仮定できて、それは正常細胞にそれを仮定します。
3つの国がある国が将来臨床試験を始める許可を得るのが、必要でしょう。
REICが癌細胞から人の組織と動物実験で殺される働きを確認したと言われています。 「相乗作用でない手に負えない癌の効果的な治療方法の処理につながる考えであり、実用を進めたいと思います。」と、公文書教授は話しています。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ホロコーストの恐怖、がん発生率に影響と イスラエル研究 »
« 足柄上病院がん死亡訴訟:県に385万円支払い命令--地裁小田原支部 /神奈川