足柄上病院がん死亡訴訟:県に385万円支払い命令--地裁小田原支部 /神奈川

足柄上病院がん死亡訴訟:県に385万円支払い命令--地裁小田原支部 /神奈川

「生活の可能性違反」
県の足柄上病院(松田町)の医師が適切な点検を無視したので、死んで、癌が見落とされて、横浜地方裁判所小田原支店が訴訟による20日の385万円の支払いにその乳癌患者の女性のものを命令したと思われた、(35歳、その時)、 遺族が県から1億円かさらに合計で補償を要求した3 裁判官の司会するkobayashiseiは、「それが住んでいた同等な範囲の’可能性’は違反されました」と指摘して、慰謝料だけを認めました。
左の胸の塊が相談された、7月の医師、’02の上告であり、それは胸の検査結果などのX光線からの通路観測であると思われました’。 , そして、11月に決定に従って、医師の通路観測は再び女性でした。 肝臓などへの転移がその後、点検から理解されて、女性が’03 2月に通知されて、12月に左の乳癌で死んだ、’、04 コネの後に。’回復します…
決定が02年の初診のために癌を疑いながら詳細検査をする義務を怠ったと指摘されます。 癌は、その時半面と状態の裁判官結果に基づいてそれを既に悪化させ続けていました、そして、判断されました、そして、適切な状態で点検したなら「因果関係が全く義務と死の違反の間、なく」て、それは扱われました。生存、確実に。 ..言うのは、可能ではありませんでした…
しかしながら、それが死に際してさえ送らせそうだった「可能性がかなりどれであるかから違反された精神的苦痛」が、認められました、「人生長期化は月のユニットに関する処理ですることができるでしょう」と言って。

サブ総務局の「医師のせいに非常に大きい意味があったことを認めました」の矢、病院、Toshio、および代表の後に: 原告側。 「一部敗訴は残念です。 将来、県の病院の部分で通信に関して相談したいと思います。 」それは話しました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


岡山大、がんの遺伝子治療 日米中で臨床試験へ »
« がん闘病中でも美しく NPOなど、おしゃれサポート