ワイド視聴室:「立花隆 思索ドキュメント がん 生と死の謎に挑む」

ワイド視聴室:「立花隆 思索ドキュメント がん 生と死の謎に挑む」

NHK Special、「Takashi立花の思索ドキュメント癌の生活と死の神秘に挑戦します」。 「1日の10:00 23NHK=午後。」
- 恐怖敵の「半分自体」
日本の死因の癌は付けられます、そして、800万人の人生の剥奪は世界の1年を付けます。 ジャーナリスト。立花。ぼうこう。ぼうこう。癌。苦しんでください。始めます。人類。なぜですか?癌。克服できる。不可欠。疑います。持っています。適用範囲。始まってください。

癌がコントロールを失ったセルを無制限に増殖させることができるそして内臓機能不全に陥ってください。 裏切り*癌、がん遺伝子*正常細胞では、ひもで締まる親友が消えて、触れる自己の処理やTetsuya筑紫外観に似ている間、地球の*発展が持って来るその何かが人生などテーマとして癌で5からプログラムで構成されます。
癌を引き起こした遺伝子が、元々そうであったという事実は、最先端の研究から表面を意識を取り戻すまで育てるのにおいて不可欠のものにおける、40億年の発展の工程で人生に耐えて、取得しました。 そのうえ、3億年前に恐竜の癌の兆候から転移するとき使用される遺伝子が、ほとんどの動物で一般的である引き出しています。 表現された癌の立花さんへの底無しの恐怖は「私の異質の半分半分」です、そして、「難しい相手」はそこに伝えられます。
人はそれを更新する複雑系生命の摂理の前に癌のため両親を失った1人として「敵」の撲滅を願っていましたが、それが小さい存在だけにあったと言われました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん闘病中でも美しく NPOなど、おしゃれサポート »
« 「命の授業」山田泉さん一周忌 遺志継ぐピンクリボン 大分・別府市の伊藤さん 乳がん検診呼び掛け