「命の授業」山田泉さん一周忌 遺志継ぐピンクリボン 大分・別府市の伊藤さん 乳がん検診呼び掛け

「命の授業」山田泉さん一周忌 遺志継ぐピンクリボン 大分・別府市の伊藤さん 乳がん検診呼び掛け

そして、豊後高田市の元養護教員、大分県経験とyamadaizumiが年令のときに死ぬ乳癌に基づくそんなに継続的な「人生のクラス」49、#ある年間の8722が21日間毎をそうする、。死にかかっている願望を引き継ぐ女性がいます。 県の伊藤みきは別府市(36)に関係がありました。 それの後に、すべての取り外しが、右の胸を作動させていて、ぶり返しは報告されるのとさん/さんです。 病気に対する戦いにおける伊藤は、スーパーマーケットでピンクのリボンを着けながらオフィスでレジで立って、乳癌診察をお客様に求めています。  
それはエプロンの胸の小さいリボンです。 さん/さん 家の近くのスーパーマーケットで働いている伊藤は、娘が小学校の4年と1週間の5日の1年間いるシングルマザーです。 リボンがお客様によって尋ねられるなら「私は乳癌患者です。 また、顧客は、早めに、点検に行きます。 」それは解決されます、そして、微笑んで答えます。  
右の胸の乳癌は、2006年7月に以前、夜、33年ものの誕生日を消しました。 それは心配しませんでした、そして、それが二女を生んだとき、02で塊に気付きましたが、点検は受けられませんでした。 痛みが起こったとき、腫瘍(腫瘍)は約5センチメートルでした、そして、それは病院に行きました。  
それはさん/さんの言うことを聞きました。 12月の山田の’07フィート講演。 さん/さん 乳癌は喜んで後に話した山田に何度も言われました。由来すること… 前述であり、「あなたが病気と闘うことができたとき、それは神によって選ばれた」ということでした。 それが乳癌患者の「オードリーのミーティング」に会いながら接合した、だれ、さん/さん 山田は場所に設立しました。  
胸骨、肺、肝臓、および脳への転移は7月、 ‘08フィートで理解されました。 それは私で中断で奮い立つように見えるためのそれになったリボンを着け始めました。  
都市のホスピスは非常に訪問されたさん/さんでした。 山田、子供の話が11月4日に行われました。 さん/さん メッセージ、「子供が成長するまで、私は10年間一生懸命働いていたこと」に出られて、約2週間後に旅行に始められた山田。  
それは抗癌の治療に定期的に1週間に一度病院に行きます。 脳腫瘍が3日前に成長したと報告されました。 娘と共に通勤される公衆浴場。 無、日常生活は幸福です。 「いつまでに、あなたはこれらの子供でいることができますか?」成人式と「見たいと思う」晴れ着の外観など。 「したがって、微笑は捜されません

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ワイド視聴室:「立花隆 思索ドキュメント がん 生と死の謎に挑む」 »
« 検診で乳がん早期発見を 表町商店街など 募金や割引カード配布