がん検診啓発へ官民協力進む

がん検診啓発へ官民協力進む

本年度以来島根県が上げている癌の診察啓発協力オフィスに参加する動きは広がりました。 ドラッグストアや美容院などの54のオフィスが今までのところ、登録されました。 癌死亡率は高度です、そして、がん対策に努力します、そして、早期発見と処理を目的とする高い県の官民協力は二次的に、全国を通じて進められます。
多くの人々が訪問するオフィスでチラシを配ることによって診察と関心に考慮を改良して、ポスター目的をシステムに置きます。 県は、保健所を通る登録を上げて、ステッカーを配布しました。 6と7月の登録が1でしたが、16などが進められるのに従って、協定オフィスは、それが9月の22であり、周知ですが、10月に増加しました。
ドラッグストアの30の店が島根の県と鳥取の両方で開発されるウェルネス湖北(松江市)は最初の登録事業所です。 早期発見の重要性と乳癌の治療に懇願するピンクのリボン運動の展示会角は店にインストールされます、そして、それは、今月、資金調達を求めます。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


検診で乳がん早期発見を 表町商店街など 募金や割引カード配布 »
« がん:予防と早期発見 県と生保会社が対策へ調印 /鳥取