がん:予防と早期発見 県と生保会社が対策へ調印 /鳥取

がん:予防と早期発見 県と生保会社が対策へ調印 /鳥取

それが癌の診察の50%の受診率を目的とした県は、20日の生命保険会社アフラックと一緒にがん対策販促計画に働くように協定覚書にサインしました。
全体の多くの約30%の死因に従って、1977の癌が08年の県の死亡者数を占めました。 他方では、癌の診察の受診率は25–28%に残っていました。 それは、高いレベルですが全の国と比べて、目標から遠いです。 癌予防と早期発見などは4月の県、 ‘08フィートでこのプランについて目的を決めました。
アフラックは、74年の間と、そして、10月の終わりときの’09フィートで初めて国内でがん保険を扱って、県の中で約14万を売ります。 これまで、230億円に関する保険を供給しました。
ikete。出席、それ、社長: 調印式に。 「それは人と35年間それを設立した後に、癌と戦う家族の役に立った状態で挑戦させます。 社会貢献の一部としてのビジネスと平行して働きたいと思います。 」協力が話すと平井宍道知事に約束されました。
平井知事は、猫とアヒルで現れた同社のテレビコマーシャルに触れて、人気に勝って、それを予想しました、「私は、県のがん対策に送付パワーを使用して欲しいと思います」と言って。

これまで、同社は、秋田県と埼玉県などと同様の協定を締結しました。118が県の中に存在しているところで癌の診察の啓発散布は政府機関などを通して分配されます、そして、セミナーは将来、開催されるでしょう。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん検診啓発へ官民協力進む »
« 子宮頸がん検査ガイドライン改定、頻度減らす方針 米学会