子宮頸がん検査ガイドライン改定、頻度減らす方針 米学会

子宮頸がん検査ガイドライン改定、頻度減らす方針 米学会

合衆国産科婦人科学協会(産科婦人科医学会、ACOG)は、20日に子宮頸(Kei)癌診断に関するガイドラインの改訂版を発表しました。 定期検査の間隔は、21歳以下でそれで点検を受けないで、これまで伸されることが勧められます。
最初の点検の時代を遅らせるために、政策はACOGが「初めて性交をする3年後」か「21歳」がこれまで早いものに最初の点検を受けることが勧められましたが、不要な「それは将来経済面と感情面以外に影響を出生にもたらす可能性に関するものです」の処理seruを避けるのにおいて10代の少女に変わりました。
これまで。ガイドライン。点検。推薦します。改訂版。女性。連続。暗い。判断。in the background of女性。点検。in the background of推薦します。

しかしながら、エイズ・ウイルス(HIV)に感染して、免疫を働かせながら減少した女性と子宮子宮癌に関する治療歴を持っている女性は、点検がこれより頻繁に受けられると忠告しています。
また、この改正がコストを削減できるという証拠のため、これまでと同様の子宮子宮癌防止効果が点検の頻度がデータを調べることの結果、密接に減少し、有害になる可能性がある避けられた不必要な治療であってもさらにあるということであると思われます。
もっともACOGによると、半数が約30年後に2006年に10万のアメリカ人の女性あたり約15人に減少させた以下の6.5は、1975年に点検が広まった好意で子宮子宮癌にかかっていました。
改訂版ガイドラインは産科と婦人科のU.S.専門誌「産婦人科」(産科と婦人科学)12月号で発表されます。 (c)AFP

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん:予防と早期発見 県と生保会社が対策へ調印 /鳥取 »
« アスベスト:建築指導で中皮腫 自治体職員を公務災害認定