アスベスト:建築指導で中皮腫 自治体職員を公務災害認定

アスベスト:建築指導で中皮腫 自治体職員を公務災害認定

中国の地域での自治体における建築指導にかかわる50代の男性職員、公共施設の建設、点検、および修理は分かります、そして、それが展開して、原因として中皮腫で、仕事でアスベスト(アスベスト)を吸い込んだために公務員の労災補償を打った「公務災害」に認識されたのが理解されます。 災害がアスベストでもたらした公務が建築サイトで続いて、いて、働いている地方公務員から認められたのが、可能である、初めて。

スタッフは、73年後に建築指導と営繕課などで働いています。 それはビルの調査と建設資材の劣化状況の点検にかかわっている間にアスベストに露出された仕事に従事していました。 それは08における胸膜中皮腫と診断されました、そして、公務災害は申し込まれました、そして、今年、認められました。
給水ビジネスなどには、公務災害にそれがアスベストが給水チューブのため使用された関係でしたがである前に運んでいて、認識があったのは、多くの建築サイトの民間に明るみに出ませんでした。 続いていて、調査と点検に残っていて、このスタッフの確証になった記録とスタッフについて詳細な記憶があります。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


子宮頸がん検査ガイドライン改定、頻度減らす方針 米学会 »
« 白血病で長男亡くした母、恩返しの骨髄提供