がんを生きる:つながりを求めて/1 心の底の思いを聞く

がんを生きる:つながりを求めて/1 心の底の思いを聞く

それが6000である、電話相談と12、あらゆる、年。 「主治医を訴えたいと思います。」 ”

東京と湯島の雑居ビルで動かす「癌の電話クリアリングハウス」のオフィス。 相談のチーフのAkiko橋本の(58)が先月受話器を取ると、蒸気を着る声は聞かれました。
それは4年前に血液の癌のため兄から骨髄移植を50代に受けた女性でした。 医師が、’協力しないなら、妹の人生は危険です’と脅かすことができるようにそれを移植するとき、それは、兄に近づきました。「態度は受入れることができません。」。それはそのような相談でした。 しかしながら、 さん/さん その「現在4年前の受け皿の相談surukana」を言って、橋本は、それが疑わしいと考えました。

再び数日後に、電話がありました。 女性haboは患者チャットについて静かに言われました。お互い。 「骨髄提供を顧みて、兄はお金を要求しました。」 「それは、女性が話したがっていたという真実でした。」 4年前に数十万円を支払いましたが、それが不十分であると言われていてしまうだろうと言われています。 「それは苦痛です。 私はどのように拒否するべきですか?」。女性はそれを尋ねました。
「わだかまりがあれば、人はありのままを言うことができません。 心の下部の願望が出されるまで、話はいちずに聞かれます。 」。それが相談で基本的であると言われています。 さん/さん 橋本は兄が、骨髄提供が元々無料であったのを理解できるようにそれを置く時間に関してアドバイスしました。 女性は、いつ、私の疑問があったかが、修正して、「重要に、人生では、生きてい」て、電話を掛けたと言いました。できる、確認。 ..楽しみを作ります…
骨髄移植の上の親類の間の金銭トラブルが決して珍しくないと言われています。 前のの経験が変形するので、患者は最大4年間苦しめられます。 さん/さん 橋本は癌の病気の問題を考えました。
6月、’センターが始めた08′にはそれがあります。 列車に乗る元看護師のコンサルタントは平日の5時間無料で癌患者と家族の電話相談に応じます。
そのさん/さんであると思われた出発点 橋本は描きます。癌についての心配は長男知恵(理解している)の死亡です。 知恵は86年の夏に小学校の4年で慢性骨髄性白血病と診断されました。 骨髄移植ですが、白血球スーツのタイプが見つけられないドナーは望まれていました。 さん/さん 橋本は、来年、骨髄銀行設立のために動きを始めました。 「骨髄移植推進財団」は4年後に始まるでしょう、そして、夢が実現しました。 しかしながら、「しばしばし続けていたというわけではない」母親に対する感謝に関する知らせは2月(それと知恵が消耗した直後92年)に出られていました。 15歳でした。 さん/さん 橋本は、息子の温暖を感じている間、「患者と家族が心配を吐いた場所がいる」と考えました。
家の電話は毎朝、鳴りました。知恵直後持つので、死にました。 それは骨髄銀行設立動きの仲間の女性から来ていました、そして、彼女は知恵がある同じ病気でした。
「青果商の店主は泥を取り付ける手でバナナを手渡します。」 「それは忙しい時間帯ですが、無意味な世間話は最大30分間続きます。」 それは、出かけるとき、反対尋問されて、「どこに行きました」。

「あなたの話を聞き続けるためにそれに耐えることができません。」 「真意は数カ月後に彼女に投げられました。」 「それは、私の気持ちがいつ理解されたかにより過ぎました。 すみません。 」。聞かれて、電話が全くなかったのが、決してそうでなく、人間は彼女が死なせたduteniでした。 さん/さん 橋本は、「死が近づく内部と話を聞いて欲しかったです。」と考えました。 「しっかり彼女のような人々の声を捕らえたいと思います。」 ”

相談はそのさん/さんに電話をします。 橋本は6000年の前の12年超えられている包含における、前例組織の時代を受けました。 【Yuko清水】

-

厚生労働省の研究グループによる「癌に反対の7885人の声」というタイトルのレポートがあります。 53%がまた、心配が7800年までに聞かれる「意気消沈する精神的なもの、不安、および恐怖など」を列挙すると言われています。癌を経験する人。 そして、約30パーセントが「未来のそれが生きた、生き方と意味」を列挙した、「ホームと家族。」 そのような広い癌についての心配は引っかかっています、そして、患者と家族を養おうとする人々がいます。 見地はカウンセラー、研究者、および遺族と共に様々です。 癌の「現在」は活動で見られます。 =それは続きます。
==============

- 癌の電話クリアリングハウス
NPO法人の科学、日本の臨床的な研究支援部隊、および厚生労働省の研究のグループと高い山グループは共同でそれを管理します。 スタッフは相談チーフ以外に女性の4人のコンサルタントです。 相談電話は電話0570.055224です。 平日–午後5時が承認時間正午がありますか?

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


白血病で長男亡くした母、恩返しの骨髄提供 »
« がん診療拠点病院:補助金の格差23倍…自治体財政難で