がん手術経験、山田さん語る 浜田で講演

がん手術経験、山田さん語る 浜田で講演

「それについて話します、そして、同じ病気の人と共にみな、上で一生懸命働いてください。」 ”

乳癌操作Kuniko山田になったテレビタレントは、21日にkoku**で浜田市の文化会館について講義しました、そして、それによって家族と友人のサポートの重要性が患者にわかりました、そして、同じ異状をもっている人は奨励されました。
医師はさん/さんにとって通知と長期に見える点検の苦痛ななどを導入します。 2年前の「それは初期段階が上手でした」と言って、自己チェックで乳癌を見つける山田。 それは話されました、そして、「管理処理は続きましたが、同じ病気の人との具体的な会話は何よりも現在一生懸命働いていました、そして、不安がありました」。 ユーモアは、ステージ、見物人に関して動かす外観の笑いの捜されないで、涙と渦巻です。 さん/さん 山田が終わりに自らを作る歌で電話をした、「お互いを支持して、」 などを親しくしましょう。

浜田健康のするのを記念しながら開かれた講演は、今月の始めに移動ビルを中心に置きます、そして、約500人の市民が聴きました。 センターによって広間の隅に新設された緩和ケア病棟についても序論パネル展示会がありました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


地域連携で治療へ がんクリティカルパス完成 »
« がんを生きる:つながりを求めて/2 今だから力になれる