がん患者ら演奏

がん患者ら演奏

200人の耳は東浦で傾きます。「癌が我慢強く、ハンディキャップがある人々は、聴かれて、働いています。」回復であること。 「愛知のyashinoコンサート」は23日の東浦町盛岡のaichi健康な広場で開かれました、そして、約200人は性能を聞きました。
癌患者の独立が押されるとき、患者の行動する相互扶助のNPO法人「ピアのサポートのwakaba協会」は後援されます。 wakaba協会は基礎の積極的なパワー厚生協会の補助金配送グループでした、そして、コンサートは、補助金の一部を使用することで固守されました。 それはwakaba協会の理事長として自発的に乳癌を経験する紗代子Terada(53)のピアノと藤田保健衛生大学のtsutsumikutsuroから教授の(yutaka)オーボエを始動します。 そして、その後知られている越知が(32)をshoujinする、部品がダウン症のピアニストとして実行したこの大学オーケストラであり、活発な拍手を受けました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がんを生きる:つながりを求めて/2 今だから力になれる »
« がん骨転移の痛み和らげる 薬剤注射し放射線照射 多発、抑制困難な患者に