精度向上へ協力を 県済生会が乳がん検診に超音波

精度向上へ協力を 県済生会が乳がん検診に超音波

病院県の終わり協会(福井市和田那珂町)は単に2008年以来の県の中の乳癌診察における、超音波検査の有効性について確かめる比較試験「J?START(ジェイ始め)」に参加しています。 それは、乳癌診察の精度を改良するためには、そうです。多くの人々がこの病院で試験を受けるのは、呼ばれます。
乳腺が厚かったときに、塊が容易に見つけられなかったので、診断は難しかったです、そして、現在の乳癌診察には、胸部X線写真(胸のX線)点検は基本的でしたが、診察の精度における問題がありました。 厚生労働省は07年間精度の向上を目的とするジェイ始めを計画しています。 42 健康代理店は本年度までに全国を通じて参加しています。
試験は、女性に胸部X線写真点検だけの胸部X線写真点検と診察(2)と共に超音波検査を40代に使用して、超音波検査の有効性について確かめる診察(1)を比較する内容です。 病院は無作為にあらゆる場合にそれを分配します。同じ診察方法で2年後に医師に相談して、精度はそれが行くどの(1)か(2)が科学的妥当性を保つかに確認されます。
しかしながら、県に、乳癌診察の受診率は低いです、そして、試験の協力者は約1600人にまだ留まっています。 「それを調べる放射線技師、岡田香織(36)が話している、」中で40代に女性を配置してください。子供は、その人が働き盛りで容易に小さく診察を受けないと考えますが、必ず、協力してください。「より良い診察を私だけではなく、次世代にも受けます。」

Yoshio) 外科のディレクター笠原、ヨー、**、(. . 呼ぶのはこの病院、「それ」ですか?日本多くの人々に参加して欲しいです。「それが注意を向けられる研究であるので、世界的で自らで同等の超音速波の前進の技術。」

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん骨転移の痛み和らげる 薬剤注射し放射線照射 多発、抑制困難な患者に »
« インターフェロンで腎がん治療…京都府医大、臨床研究年内にも開始