世界初 インターフェロン遺伝子注入で腎がん治療…京都府立医大が臨床研究へ

世界初 インターフェロン遺伝子注入で腎がん治療…京都府立医大が臨床研究へ

京都府立医科大学は、24日に彼らが1年の中に転移している腎細胞癌の患者にインターフェロンの遺伝子を注いだ臨床的な研究を始めたと発表しました。
それはそれが名古屋大学が開発した人工の脂質のバッグへのインターフェロンβの遺伝子、およびその**nao三木(tsuneharu)とiを探す転移癌による注射で大きい教授プランを築き上げる環状のDNAを梱包する方法です。
腎臓癌で腎臓の1つの取り外しを受けます、そして、肺とリンパ節の上に転移があります、そして、40歳の5人の患者のためにそれを実行します–75歳。標準的に用いる治療法が有効でない 効果が見られるなら、それは3回以下同様の数の人々に繰り返されます。 マウスの実験では、ケースと比べて癌のボリュームの半分がβ直接インターフェロンを注入するためにレベルで抑圧されたと言われています。
インターフェロンを使用する腎臓癌の遺伝子療法の試みは世界初です。 今月5日に厚生労働省の許可を得ました。
(2009年11月25日の読売新聞)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


インターフェロンで腎がん治療…京都府医大、臨床研究年内にも開始 »
« がんと向き合うこと~メイビさんを囲んで~