がん条例一緒に考えて

がん条例一緒に考えて

県は素案支配者からの意見を公募します。県は県の考慮の住民を改良して、26日のパブリックコメントを上げて、県の意見の住民を含んでいる「県のがん対策販売促進法令(仮称)」の素案を作ります。 診察受診率が人工の憂うつであったので、それは、長年癌が県の病気と1位の住民による死の原因でしたが、法令に行くと決めました。 その「がん対策について一緒に考えてください」を言って、県は提案を求めています。

1981年以来癌は1位を占めています、そして、県は、2008年3月に「県のがん対策販促計画」について決めます。 20%の減少を静まらせる2つの意味であり、癌の死亡率の苦心が10年以内に評定して、生活の質を保証するのが作られた患者は全体の目標です。
しかしながら、相談組織の増進と診察受診率の改良はプランで掛かりましたが、県の6つの医療の球に置かれるべきである「相談サポートセンター」が現在、3つの病院(県のセンター、徳島大学、および徳島赤十字)だけにひとつずつあります。 相談の下位が、大腸癌で22.2%、全国を通じて特に胃癌23.5%、両方の肺癌の乳癌が17%、子宮癌19%であると評定するそして場所40番目年度2007の厚生労働省の調査は全体で国を平らにします。18%大腸癌…
それがあったそして有効である. . 県は、休日に成人式で啓発活動と診察相談を広げましたが、また、ポイントのkuと県議会は法令考えを調べました。 素案はArticle15、および*癌予防などのための啓発*自治体との癌予防と早期発見の販促計画がArticle5で列挙されたとき、それが協力した診察受診率の改良から成りました。
さらに、独特のがん対策の販売促進と要求などを持っている女性への在宅医療は県議会から加えられます。 県は次の2月にパブリックコメントに関する意見を示す例会で法令考えを提案するでしょう。 来月の25日と、郵送がある県の健康な改良部か、ファックスかメールにパブリックコメントの利用があります。 問い合せはこの分割(088・621・2220)です。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がんと向き合うこと~メイビさんを囲んで~ »
« がん代替療法 検証事業開始へ