がん代替療法 検証事業開始へ

がん代替療法 検証事業開始へ

安全には問題があるものが癌患者の多くが使用している健康食品を使用する「代替療法」いわゆるなどで見られると思われて、厚生労働省の研究グループは科学的に「代替療法」の有効性について確かめるビジネスを始めるでしょう。
このビジネスは東京女子医科大学他のSatoru小野自分が厚生労働省の研究グループのメンバーで始めたことでした、そして、小野准教授は25日の夜記者会見とそれを発表させました。 処理に、多くが有効であるという想定された科学的根拠は、不十分です、そして、安全には問題があるものは見られて、近いのですが、内部に小野准教授に頼るとき、普通の医療以外にいわゆる「代替療法」(健康食品と温熱療法)を使用する国内の癌の患者データの半数があるということです。 したがって、健康食品と広告に掲載された治療法に関してそれが癌治療で有効であったという詳細な情報を集めて、実際に臨床試験をして、有効性について確かめるビジネスは、研究グループで進行します。 将来3年間研究でグループについて確かめると思われて、それは結果を公衆に公開したがっています。 小野准教授「代替療法を使用している癌患者では、普通の医療を受け取らずに状態を悪化させるケースはわずかではありません。 それは、多くの最大1つの代替療法を調べて、正確な情報を送りたがっています。 」それは話します。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん条例一緒に考えて »
« 一粒の種:命の歌、咲いた 末期がん患者の言葉、思いつないでCDに