一粒の種:命の歌、咲いた 末期がん患者の言葉、思いつないでCDに

一粒の種:命の歌、咲いた 末期がん患者の言葉、思いつないでCDに

「1つの種子」という末期ガンの患者の言葉のtsuduttaと看護師(作曲家、および歌手…Think)は、つながって、CDにそうします。
1つの種子と同じくらい小さいかもしれないので、それは生きています。 看護師は末期ガンの患者が詩でいなくなって、沖縄のミュージシャンが旋律を適用したという死に関する言葉をまとめました。 タイトルは「1つの種子」です。 「歌は学校の病室のそばで静かに人から人に広がりました。」 【Yuko清水】

沖縄県の来ることの看護師とナオコ・高橋(49)、魔裟斗のナカシマになった、(46歳、その時)、 10月(’03フィート)のオフィスの神奈川県の大学病院の料金 前立腺癌のぶり返しによる2番目の入院。 癌は、全身に転移して、人の人生の3つの残りの月の判決を受け取りました。
さん/さん ナカシマは「人がだれを絞首刑にしなかったかに我慢強かったです」。 「痛みもボディーの不安もいつも冷静に冷静に笑って上告されたというわけではありません。」 花は看護師の誕生日にプレゼントされました、そして、親切になりました、そして、それは他で体が不自由な患者の世話をしました。 両親が80代の3人の家族。 それは1人で死に反対になるように両親の身体、およびそれを心配する訪問を拒否するように思えました。
「「さん/さんです」。 ナカシマは苦痛であるに違いありません。 さん/さん 高橋は神秘的な願望でそれを見ていました。
それ、ボディーを支えるために、そのさん/さんは思えました。 病室のドアが1月に検温するために開けられたときのしたたりスタンドによるナカシマ震え、’「人の人生の残り」であるときに、04は混乱するようになって、立ちん坊な状態で持つために通過されました’。
「私は死にたくはありません。」 「さん/さん」 高橋の成功確実なさん/さん 叫んでいる間に大粒の涙を投げたナカシマが、したがって、ベッドに腰掛けて、私の背中をこすりました。 私は、本当の姿を見たと思いました。
「1つの種子になりたいと思っ」て、「良いので、それは1つの種子のときに生きています」。 「さん/さん」 ナカシマは狂乱のような何回も繰り返しました。 それはその夜危篤状態になりました、そして、3日後に死にました。
*

さん/さん 高橋はさん/さんをまとめました。 何日も後の数個の1本のボリュームの詩のナカシマの「ウィル。」
<ちっちゃい/であるかもしれなく>が欲しいので、1粒の種子になること。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん代替療法 検証事業開始へ »
« 河村・名古屋市長:静岡がんセンター視察 陽子線がん治療、運営状況聞き取り /愛知