河村・名古屋市長:静岡がんセンター視察 陽子線がん治療、運営状況聞き取り /愛知

河村・名古屋市長:静岡がんセンター視察 陽子線がん治療、運営状況聞き取り /愛知

陽子線癌の治療施設ビジネスを凍らせた名古屋市のtakashi河村市長は陽子線癌を治療して、25日に管理状況を捕らえた静岡県の長泉町で静岡がんセンターを点検しました。 それを次々と点検されていて、市長は、今月末に事業を中止するかどうか判断すると宣言している河村です:「都市がそれについて臨時に計算する800人の患者(ユーザ:)より大いに少ないのは、確実です。 他の自治体などがある考える経営者側によって結論に達せられる、税金が置かれても、してください。 」解決して、レポーターに説明しました。
同じセンターによると、担当している2人の医師が1年あたり150人の患者に陽子線癌の治療をしています。 Takeshi山口の同じ主要な社長は、その人が、「高齢化社会で十分我慢強い物があるかもしれませんが、800人の患者を診察するのに必要な10人以上の医師を安全にすることができるかどうか」と河村市長に言ったと言います。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


一粒の種:命の歌、咲いた 末期がん患者の言葉、思いつないでCDに »
« がんを生きる:つながりを求めて/4 患者の自尊心回復