ケール:「がん予防」有効成分数十倍 長野県とキリンHDが新品種

ケール:「がん予防」有効成分数十倍 長野県とキリンHDが新品種

共同で癌予防に通じた要素gurukorafaninの内容が分野県と共に種子よりさらに10回であった新しい種類のケールを開発した、kirinho-rudei; ngusuします(HD)。今までのところの ケールは青いスープの原料に扱われたアブラナ科の野菜です、そして、要素の多くの多量の投与量は生産に予想できます。
Gurukorafaninによる自分でsuruforafanに変えているのが、同県野菜花作り診察室に従ったボディーの内部であるということです。 それが80年代で発表された、「それが活性である、発癌物質を無毒にした酵素、」、suruforafanはブロッコリー日の発芽番号の後に芽(芽)でなって、合衆国ではるかに一時ブームになりました。
ケールの内容は各国の研究における1/40ブロッコリーSprout(100グラムあたり約6ミリグラム)であると思われましたが、芽はかいわれ大根のサイズです。 キリンHDは青いスープとして集結できるケールに注意を向けます。 協力は同じ診察室の主任研究員keimei芹沢(49)から要求されました、そして、それは研究されました。
同じ診察室のケールが分析されたとき、今までのところ種子をはるかに超えていたgurukorafaninを含んだ種子は、見つけられました。 添加では、高い数値があるケールが互いに交差されて、ブロッコリーSproutと対等に100グラムあたり約400ミリグラムを含む新しい種類を開発するのに成功したと言われています。 キリンは商業化を目的とします。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がんを生きる:つながりを求めて/4 患者の自尊心回復 »
« 保険deあんしん館、「がん保険売れ筋ランキング」を発表 [アセットガーディアン株式会社]