温暖化ガス削減:がん、卒中、心臓病など減らす効果も-ランセット誌

温暖化ガス削減:がん、卒中、心臓病など減らす効果も-ランセット誌

11月25日(ブルームバーグ): イギリスの薬の雑誌ランセットには癌、脳卒中、および心臓病で死を25日での地球温暖化ガス減少で減少させることによって人の健康面に好意をもたらす可能性があったという研究結果は発行されました。この研究では、二酸化炭素(CO2)とメタンの排気を減少させる最も簡単な方法として車の増加するウォーキングとサイクリングの使用を減少させて、暖房器具の発展途上国における環境負荷の低い使用と肉と乳製品の消費を下げるためにそれを列挙してあります。 これらが世界中の病気による問題を制御すると言われています。
変換がしたがって、地球温暖化を制御するための測定が減少できるのに従って健康増進で化石燃料を使用せずに終わるクリーンテクノロジーでかかった可能性があります。
また最大の好意によって働くためにこの研究の地球温暖化を制御するための測定のどのようにを調整するかによって健康面に与えられることができるだろう、評価された保健・福祉長官アンディBa-namu。
namu Ba-長官: メールで。 「気候変動は私と共にとても関係ない脅威のように調べられるかもしれません。 実際に、健康に関連する費用は、非常に現実的であって、差し迫った危機です。 健康の好意に関連づけられた気候変動政策が、必要です。 」それは説明しました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


生きる:小児がん征圧キャンペーン 30日にファミリーハウス支援コンサート /東京 »
« 小児がんの子どもたちの絵画展:27日から浦安で /千葉