ロニー・ジェイムス・ディオ、胃がんを公表

ロニー・ジェイムス・ディオ、胃がんを公表

虹で在籍しているロニージェームズディオ(67歳)と黒い安息日などの妻は公表しました、そして、ディオで、胃癌の病気は公共になりました。 健康状態が素晴らしくなかったので、ディオがヨーロッパのツアーを中止すると発表されて、それは先週、入院しました。
- ロニージェームズディオメッセージイメージ(2005年6月)

マネージャがそのディオをはっきりさせたということであったディオの妻のウェンディーも木曜日(11月25日)に公式サイトによって胃癌と診断されていました。 「ロニーは初期段階の胃癌の場合に診断されました。 私は、すぐに、病院で扱い始めるでしょう。 この竜が攻撃されるとき、場所の正面でプレーするステージとそれらがあるべきであるファンのような1日へのロニーリターンはItが返すステージにそうすることができます。 訪問された知らせを送った友人とファンのすべての人々に感謝したいと思います。 エネルギッシュであることができましたが、それはたいへん生き残りました。彼… ロックンロールと歓声。 ロニージェームズDioと歓声」

ヨーロッパとそれは12月の次の週のバンドとそのディオロニーからのイギリスのツアーが今やリードしたツアーを扱う予定でした。
できるだけ早く舞台に戻ることを願いましょう。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ファイザー 腫瘍研究はラ・ホヤとパール・リバーの2研究所体制 »
« がんを克服した男性 長野で12月落語共演へ