がんを克服した男性 長野で12月落語共演へ

がんを克服した男性 長野で12月落語共演へ

その人のseventyにおける癌を直した2人のアマチュア落語家が、来月、長野都市をプラットホームに一緒に上がるでしょう。 都市の生活と青木のMasaaki両方の岸元の男性(78)、(76)。 以前にさん/さんを奨励する間にこの伝統的な落語協会に達せられる癌に苦しんだ岸元さん 青木。 それが病気のため意気消沈する傾向がある気持ちは伝統的な落語で吹き飛ばされます、そして、それは熱心です、「いつも明るく生きていたいと思います」と言って。

2人が就任からのメンバーである、都市について「長野rakurakuは(kurabu)を殴る」恋人からの伝統的な落語を(1994)にする70代を中心として。 それがいろいろな事であったと言われている、クラブのボードビル劇場の通常のなどで共演する機会で。
それ、5月のこの年はそのさん/さんです。 青木は大腸癌として医師によって判決を下されました。 都市の病院のdattaが悪い健康で医師に相談したということです。 御開帳における善光寺(長野市)では、さん/さん、それがぴったりついた願望のために、訪問されました。 衝撃を受けた青木が、偶然岸元さんに会いました。 「するとそれが良い、非常に、」 さん 岸元はさん/さんに彼の背中を押しました。 それを言って、それに青ざめた顔で相談した青木は「そんなものをあきらめながら、作動するだけでよいです」。

また、岸元さんが6年前に胃癌で手術を受けたという経験があります。 また、医師で、「あなたは、もう診察をしに来ることができません」、そして、ぶり返しの不安が今や無くなったと言われている時までにそれが回復すると言われています。 さん/さん 青木は自らに缶の勇気をリフレッシュしました、そして、手術は6月にその単語に受けられます、そして、7月にクラブの通常のボードビル劇場に働くのは、可能です。
2人は、午後1時、12月4日に同じ都市のshigesugeの家の伝統的な落語協会が老人ikoであると主張します。 さん/さん 青木は岸元さんが毎年個人的に開いたミーティングに招待されました。 岸元。望んでください。舗装します。)..)..芸名。持っています。大学。伝統的な落語は有効です。社会。経験します。積み重ねます。古典。伝統的な落語は有効です。良いat.Mr./さん 伝統的な落語が定年退職の機会を利用し始めた青木は、自らに「Tojo(ジャンプして、空になる)」を導入して、腹話術が落語と最後の1年を交換する新しい伝統的な落語を取得したと発表するのを計画しています。
岸元さんは、話して、「いつも伝統的な落語で愉快であることができたので、エネルギッシュになりました」。 それはさん/さんに予想されます。 青木、「癌を材料にすることによって一生懸命働いて欲しいです」。 さん/さん 青木「元気Iには伝統的な落語があったので。 それはまだ定期健診を受けているボディーですが、気持ちで明るくいつも生きたいと思います。 」それは熱心です。
(78) = また、長野市=はこのクラブ議長カズオを伝統的な落語協会で鳥居に実行します。 世代は、より60近い歳のときに制限を言います。見物人。 無料。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ロニー・ジェイムス・ディオ、胃がんを公表 »
« がん粒子線治療 医療の格差広がる恐れ