がん検査受診率アップへ アフラックと協定

がん検査受診率アップへ アフラックと協定

Toripi

- 緩みますか、そして、また、キャラクタは共演しますか?

県と生命保険会社「アメリカンファミリー生命保険(アフラック)」は癌診断の受診率を上げる目的で公衆に知らせるのに協力する協定をしました。 点検はそうです。広告による県のアプローチと同社のチラシを導入して、呼ばれる、それ、県の住民を受けます。 それはまた、テレビのCM「アヒル」で身近なキャラクタのマスコットキャラクタ”Toripi”の共演を達成するように思えます。手招きであること。 ..「寝入り」 県。

がん対策の基本法則の実施を受けました、そして、県は4月、’75年ものの癌の死亡率以下の減少の目標が10年間のなどの中で20%評定する、08、およびセット’で販促計画を測定に一緒にもたらしました。 昨年癌で死んだ人は、県の中の1977人と共に全体の死の約30パーセントを占めて、全国平均とほとんど同じでした。

他方では、昨年の癌診断の受診率が24.6%乳癌であり、子宮癌が25.3%であり、大腸癌が29.5%であり、肺癌が28.1%であり、胃癌は26.8%です。 ともに約10ポイント全国平均からの高いimonoの県は目的とされた50%に達していません。

そして、県は、協定で社会貢献の一部として自治体と協力したがん対策を進めた同社を接続すると決めました。 同社とのタイアップに関して、鳥取は12番目の県になります。 それは県118の政府機関、テレビのCM、およびチラシなどを通して営業活動で県のがん対策などを導入できます。

「すくめてください」と言う際に期待は示されました。手招きであること。 ..「寝入り」 そして、”Toripi”。「外部のToru社長は池になります」。「必ず、それを調べたいと思う」、同社の共演、および結論の後のPRの効果では、県庁で開かれた協定をタイプしてください。 平井宍道知事は、「必ず、kyarakappuを緩めて、参加してください。」とそれを言って、要求しました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん粒子線治療 医療の格差広がる恐れ »
« 女性の肺がんは非喫煙者に多く 「ホルモンも原因」という衝撃番組