10件に計770万円助成 北國がん基金贈呈式

10件に計770万円助成 北國がん基金贈呈式

23番目の北の**癌基金補助金贈呈式は合計で開発のメカニズムの明確化と癌の新しい治療法の病気の外観に動いた研究活動推進課の6人の個人あたり27日の金沢都市における20番目の床のホール、および770万円、1が分類する新聞、啓発活動販売促進の1つのグループ、および特別な称賛の2グループが提示された北の**で開催されました。
贈呈式。北。癌。研究してください。振興財団。理事長。北。新聞。社長。資金を供給します。住民、県について。癌。撲滅。真実。舗装します。)..考えてください。置きます。重い。捕らえます。癌。研究してください。働いてください。さらに。強くなってください。好きでしょう。式辞を述べてください。販売促進。反対してください。人。プレゼンテーション。カード。補助金。hand.Guestの健康、福祉部の針のdensatoshi県の指導官は祝詞について説明しました。
市民コースでは、それが権利を与えられて、この研究活動部で販売促進を受けたお金の大きい癌の実験室腫瘍(腫瘍)内科の教授の賢人矢野2は、「正反対に、ことが肺癌に新しく」、それについて講義しました。
北では、**癌の基金は受け取って、県での人の要求が薬に関連して、新聞であって、1986(1986)時代に始められた北の**によって宇宙キャンペーンで支持されたということでした。 合計で、送られた善意は側から薬と啓発活動に関連する人に現在の上回っている6億円働いているグループなどの活動を支持します。
肺癌が研究されて、処理に取り組んだ矢野教授が、最近の年に少しがある取扱方法、放射線治療、および抗ガン剤の開発が積み込む患者に前進に触れた、など , そして、「それは、それの後に議論していた状態で処理について決めて欲しいです、そして、主治医として、よく理解されました。」と呼びました。

それによって、ボディーの内部の特定の分子における効果を示す「分子標的治療薬」に関して延命効果と効果を予測する点検がわかります。 それを導入します。最初の扱いと、選択であるときに、患者の多くがぶり返し研究の原因に対応する処理について不安を保持するというぶり返しの癌組織の分析を所有してください。 「肺癌の治療法は着実に進みました。 現在が乗り切られるなら、ぶり返しと進歩癌には、機会があります。 」それは話しました。
販売促進のグループと特別な称賛

- 研究活動推進課*(お金の大きい癌の実験室の教授)の100万円の賢人矢野2さんはタモツ*佐藤と等しいです。次の。 200万円(大きいお金の薬の保健研究領域の薬のシステム講師)のshi。=の100万円の利益の*Nishimura。 ..それになること。 shi(お金の大きい大学院の薬のシステム研究科の講師)は*ススキ田のKatsuo(金沢医科大学の准教授)と等しいです; =100万円のMasaaki*野村、(50万円(県の主要な病院の消化器官外科医の頭)(この病院の消化器官内科の代表)の土山*ineki**sachiの北陸大学薬学部センター准教授) 小川が馬に乗せる100万円(大きいお金の薬保健研究領域薬理学システム准教授)の*の医療薬理学教育と=番号=hisashikokorozaは50万円等しいです。

- 50万啓発活動の推進課*北陸の癌のプロの訓練プログラム=円

- *金沢都市肺癌診察委員会の医師と肺癌診察精度の管理委員会の10万円の、そして、特別な称賛協会は*北陸骨髄銀行販売促進連絡協議会アセンブリと10万「ミーティング」=円等しいです。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


女性の肺がんは非喫煙者に多く 「ホルモンも原因」という衝撃番組 »
« 元患者ら相談応対 不安の声に寄り添う