野沢菜風味のあめで地域をPR

野沢菜風味のあめで地域をPR

野沢菜発祥の地とされる下高井郡野沢温泉村で、野沢菜エキス入りのあめで地域をPRする試みが始まった。大阪から同村まで歩いた10月の「野沢菜伝来の街道・ウオーキング」に合わせて同村が企画。スキー場運営会社「野沢温泉」がシーズン入りを前に注文をするなど、もり上げに一役買っている。
 あめは直径2センチ弱の俵型。発案者の富井俊雄村長は「口に含むと土臭さがある。これぞ野沢菜の風味」と話す。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


元患者ら相談応対 不安の声に寄り添う »
« がんは怖いが意識は低い 35歳男女4人に1人、健診すら受けず アフラック調査