岡山大のがん研究拠点 国事業に採択 治療薬開発を加速

岡山大のがん研究拠点 国事業に採択 治療薬開発を加速

岡山県や岡山大など県内の産学官連携グループが、がん治療薬の研究開発に取り組む「おかやまメディカルイノベーションセンター(OMIC(オーミック))」を設置する計画が4日、国の補助事業に採択された。同大発見のがん抑制遺伝子「REIC(レイク)」を活用した治療薬開発を加速させるなど、がん研究の拠点施設とし、2011年春までに本格稼働させる。

 国の「地域産学官共同研究拠点整備事業」に採択。同大鹿田キャンパス(岡山市北区鹿田町)の既存施設の一部約1400平方メートルをOMICに転用する。事業費は約12億円で、本年度内に着工する。

 県や岡山大は「世界から注目されるがん研究の拠点を目指し、医療系の地場企業育成や企業誘致につなげたい」としている。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


小児がんテーマに講演や上映会 豊橋・生と死を考える会 »
« がん入院治療費 即座に見積もり