セシール、乳がんの温存手術を受けた女性のためのブラジャー「ブレストケアブラ」を発売

セシール、乳がんの温存手術を受けた女性のためのブラジャー「ブレストケアブラ」を発売

セシールは、ピンクリボンかがわ県協議会の要望で開発した温存手術を受けた女性のためのブラジャー「ブレストケアブラ」を、12月1日発行のカタログ「セシレーヌ2010春夏号」で発売した。

 セシールのブレストケアへの参画は、2007年12月発行のカタログ「セシレーヌ2008春夏号」での「ブレストケアブラ&パッド」の販売からとのこと。2009年7月には、患者会の協力の下、モニターを反映したブラジャーを発売したが、今回は、乳がんの温存手術を受けた人にも快適に使えるブラジャーになっているという。体の傷とともに、心の癒しにも役立てることを大切なコンセプトにしているとのこと。

 ブラジャーの仕様は、温存手術を受けた人のために、ボリュームを足したい部分に手持ちパッドを好きな位置に固定できるもので、バランスのいい胸の形を作ることができるという。大きめのパッドも入れられるとのこと。また、縫い目やゴムが傷口に当たらない仕様や肩への負担を軽減する幅広ストラップ、超ソフトワイヤーなど「やさしさ」に徹底的にこだわったブラジャーとなっている。サイズは、A70からE85まで豊富な20サイズを用意している。

[小売価格]
A・B・C:2990円
D・E:3490円
(すべて税込)
[発売日]12月1日(火)

セシール=http://www.cecile.co.jp/

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


20歳過ぎたら要注意、新日鉄室蘭病院で乳がんセミナー »
« 大阪で乳がん啓発イベント、伊藤由奈熱唱