薬事法違反:がんにはバイオラバー製品…容疑の2人逮捕

薬事法違反:がんにはバイオラバー製品…容疑の2人逮捕

高速水着の開発で知られる山本化学工業(大阪市)の「バイオラバー」製品を「がんに効く」と宣伝して販売したとされる薬事法違反事件で、京都府警生活環境課と伏見署は5日、健康用品販売会社「壮快薬品」取締役、本多公浩(46)と同社店舗部長、福田緑(52)の両容疑者を同法違反(無承認医薬品の販売)容疑で逮捕した。

 逮捕容疑は、同社京都駅前店店長や山本化学の系列会社販売員=2人とも罰金30万~50万円の略式命令=と共謀。厚生労働相から医療機器の承認を受けずに7月13日、同店で京都市内の主婦に「がんの転移を防いだり、痛みを和らげたりする」と説明し、バイオラバーを使ったベルトを23万3100円で販売したとされる。府警によると、両容疑者とも容疑を否認しているという。【田辺佑介】

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


「がんに効く」で2人逮捕 京都府警、薬事法違反容疑 »
« 「がん効能」販売、新たに2人逮捕