がん抑制に前進 京大研究チームがAID発現のメカニズムを解明

がん抑制に前進 京大研究チームがAID発現のメカニズムを解明

人やマウスの免疫遺伝子を変化させる能力を持つ酵素「AID」の発現のメカニズムを、京都大学大学院医学研究科の本庶佑客員教授(分子生物学)らの研究チームが突き止め、7日付(日本時間)の米科学誌「ネイチャー・イミュノロジー」(電子版)に掲載した。AIDは、胃がん発症の際に発現することが確認されているが、この仕組みが解明されたことで、がんの発症を抑える医療技術につながる可能性が出てきた。

 研究チームは、AIDの遺伝子のDNAなどを調査、分類した。その結果、AIDの発現を抑制する▽逆に発現を促進させる▽抗体をつくる「Bリンパ球」の中にあるときだけ、発現を促進させる-の3種類のタイプがあることが判明した。

 病気などで体内に抗体を多くつくった場合、Bリンパ球が活性化し、多くのAIDが発現することが確認されていたが、今回の研究で、この際に、促進の機能を持つ2つのDNAが、抑制機能のDNAよりも多く発現していることも突き止めた。

 研究チームは「人間の体内では、3つのDNAがともにバランスを取り合い、AIDの発現量をコントロールしている。抑制のDNAの働きが解明できれば、がんを抑えることも期待できる」としている。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん最新治療に理解 北陸がんプロフェッショナル公開講座 専門家3人が講演 »
« 2アウトから がんに勝つ プロ野球元巨人 横山さん 豊島で講演