免疫関連遺伝子 感染などでがん発症関与?…本庶・京大客員教授ら

免疫関連遺伝子 感染などでがん発症関与?…本庶・京大客員教授ら

リンパ球がDNAを組み換えて多様な抗体を生み出すのにかかわる遺伝子が、細菌などの影響でリンパ球以外でも働きDNAを傷つけてしまう仕組みを京都大医学研究科の本庶佑・客員教授や長岡仁・准教授らのチームが解明した。ピロリ菌による胃がん発症などにも関係するとみられ、この遺伝子を制御できれば、がん予防につながる可能性があるという。7日の米科学誌ネイチャー・イミュノロジー電子版に発表する。

 この遺伝子は「AID」。免疫細胞のBリンパ球で働き、DNAを切り張りして抗体作りに貢献する。感染などの刺激で、他の細胞でもDNAを切ってしまうが、仕組みは不明だった。

 本庶教授らはマウスのDNAを使い、AIDが働くスイッチになる部分の性質を調べた。その結果、AIDを「細菌など外部の刺激を受けて働かせる部分」と、「リンパ球内だけで常時働かせる部分」、「働きを抑える部分」があり、リンパ球以外では通常は働かないが、感染などで働いてしまうらしいことがわかった。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


癌(がん)患者の多くが睡眠障害に悩む »
« 石綿健康被害:報知機の設置で肺がん…遺族が会社提訴へ