BEASTIE BOYSのMCA、がん治療の経過は良好と発言。来年の〈Coachella Music Festival〉に出演か?

BEASTIE BOYSのMCA、がん治療の経過は良好と発言。来年の〈Coachella Music Festival〉に出演か?

 唾液腺がんを患い、治療を受けていたビースティ・ボーイズのMCAことアダム・ヤウクが、術後の経過は良好であることを〈Movie Line〉の取材のなかであきらかにした。
 
 MCAによると、現在彼らはニュー・アルバム『Hot Sauce Committee, Pt.1』のリリース日とツアー日程を決めているところ。また、来年の〈Coachella Music Festival〉に出演することも協議中だという。MCAは以下のように語っている。
 
 「(アルバムの発売日とツアー日程を)いまちょうど決めようとしているんだ。レコードは昨年9月にリリースされるはずだったけど、延期しなきゃならなかった。健康上の理由でね。(〈Coachella Music Festival〉への出演は)まさに、いま話し合っているところだよ。できれば出たいと思ってる。ほんと、みんな上手く実現したらおもしろいよね」。
 
 どうやらMCAは順調に回復へと向かっているようで何より。この調子で病気を完治させ、一刻も早く我々の前に帰ってきてくれることを祈ろう。
 

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


石綿健康被害:報知機の設置で肺がん…遺族が会社提訴へ »
« 悪性腫瘍と闘う 久留米高2年樋口さん 念願のサックス手に笑顔 宗像ユリックスのステージ