日ハム田中選手 乳がん撲滅に協力 札幌でチャリティーショー

日ハム田中選手 乳がん撲滅に協力 札幌でチャリティーショー

 プロ野球北海道日本ハムの田中賢介内野手のチャリティートークショーが7日、札幌市中央区の道新ホールで開かれ、乳がん撲滅を目指すピンクリボン運動支援に一役買った。

 北海道がん対策啓発委員会(事務局・北海道新聞社)の主催。応募約7千通から抽選で約500人が来場した。ピンクのネクタイとシャツで登場した田中選手が「来季は首位打者を狙って頑張りたい」と宣言すると大きな拍手が起きた。

 田中選手はこの運動に積極的にかかわり、席上、今季自ら奪ったアウト数と同人数の乳がん検診費(464人分、約140万円)を北海道対がん協会に寄付した。日本ハム選手の用具のオークションも行われ、落札総額56万5300円が同運動に役立てられる。田中選手は「来年はさらにアウトを取って検診を受けてもらい、チームにも貢献して日本一になりたい」と話していた。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


血液がん患者団体 高額療養費制度の自己負担額引き下げに向け連携へ »
« がん化抑制に光 酵素の遺伝子切断仕組みを解明 京大研究チーム