国内初の子宮頸がんワクチン、22日発売

国内初の子宮頸がんワクチン、22日発売

製薬企業のグラクソ・スミスクラインは9日、国内初の子宮頸(けい)がんワクチンを今月22日から発売すると発表した。

 子宮頸がんを引き起こすウイルスの感染を防ぎ、発症を7割減らせると期待される。接種対象は10歳以上の女性。3回の接種が必要で、費用は自己負担。同社の希望価格は1回分で1万2000円。

 子宮頸がんは国内で年間1万人以上が発症、3500人が死亡すると推定されている。日本産科婦人科学会などは公費負担による無料接種を国に求めている。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


報知機設置で石綿被害 肺がん死男性遺族が大阪地裁に提訴 »
« 砺波総合病院を前立腺がん手術の保険診療機関に認定 厚労省、北陸3県で初