グループ“コヨーテ”ベッカ、脳腫瘍と診断

グループ“コヨーテ”ベッカ、脳腫瘍と診断

コヨーテ(Koyote)のメンバー兼写真作家のベッカ(28、ペク・ソンヒョン)が脳腫瘍と診断されていたことが明かされた。

9日、側近などによると、ベッカは最近病院で脳に拳ほどの大きさの腫瘍があるという診断を受け、総合病院で精密検査を受けていると伝えた。ベッカは普段から頭痛に苦しんでおり、急に気絶するなどの症状もあったと側近は伝えた。ベッカはすぐに手術を受ける予定。

今年10月15日入隊したベッカはソウル中央地方裁判所で共益勤務要員としてに勤務中だった。最近病状が悪化し休暇をとっていた

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がんを生きる:ここに在る幸福 反響特集 勇気もらい「私も前向きに」 »
« コヨーテのペッカ、脳腫瘍見つかる・・・病状深刻か