コヨーテのペッカ、脳腫瘍見つかる・・・病状深刻か

コヨーテのペッカ、脳腫瘍見つかる・・・病状深刻か

コヨーテでラップを担当しているペッカに脳腫瘍が見つかり、関係者らに衝撃が広がっている。

 現在、軍隊に代わりソウル中央地方裁判所で公益勤務要員として勤務中のペッカは、最近軽い交通事故に遭ってソウル市内の病院で検査を受けた際、脳腫瘍が発見された。病状が深刻なため大きな病院で手術を受けるよう勧められた彼は、有名病院の専門医を訪ね、手術や治療など今後について話し合っている状況だ。

 ペッカはこのところ、時々気を失うほどの頭痛に苦しんでいた。しかし、疲労によるものだろうと特に疑問に思うことなくそのままにしていたという。

 脳腫瘍の事実を知った彼の知人らは、「あまりに突然すぎる」と涙を見せて胸を痛めている。

 ペッカは、歌手のパク・チニョン、Rain(ピ)、パク・チユンらのダンサーとして活動後、コヨーテが2004年に発表した6ndアルバムからメンバーに合流した。また、個人スタジオを設立し、写真家としても広く知られている。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


グループ“コヨーテ”ベッカ、脳腫瘍と診断 »
« 人気グループKOYOTE(コヨーテ)のペッカ、脳腫瘍の事実が判定!