乳がん手術:日赤説明怠る 220万円支払い命令 津地裁

乳がん手術:日赤説明怠る 220万円支払い命令 津地裁

十分な説明に基づく同意(インフォームド・コンセント)がないまま乳がん手術を受け後遺症が出たとして、三重県志摩市の50代の女性が山田赤十字病院(同県伊勢市)を運営する日本赤十字社を相手取り、慰謝料など約2600万円を求めた訴訟の判決が10日、津地裁であった。堀内照美裁判長は女性の訴えを一部認め、日赤に慰謝料220万円を支払うよう命じた。

 堀内裁判長は「乳房温存療法について必要な説明を欠き、説明義務を怠った。女性は乳房を失ったことで、心理的苦痛を受けている」と判断した。

 訴えでは、女性は01年9月、右胸に腫れを感じて同病院を受診したところ腫瘤(しゅりゅう)が見つかり、10月に右乳房を切除する手術を受けた。術後から右腕にしびれがあるという。

 女性は、術前に手術の内容や必要性などの説明を受けたうえでの同意がなかったと指摘。切除せずに放射線治療などで乳房を残す乳房温存療法を選択すべきだったと主張していた。【福泉亮】

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がんと闘い 初マラソンへ »
« 魚沼市、子宮頸がんワクチン助成