陽子線がん施設:3県共同を提案 河村氏、坂口氏会談 /愛知

陽子線がん施設:3県共同を提案 河村氏、坂口氏会談 /愛知

河村たかし名古屋市長は12日、医師でもある公明党の坂口力元厚労相と市内のホテルで会い、建設を凍結中の陽子線がん施設について意見を求めた。坂口氏は「愛知、岐阜、三重の3県と共同して進めてはどうか」と提案した。

 市長によると、面談は市長側から「がん施設について相談したい」と持ちかけた。坂口氏は「名古屋で造るならありがたい。東海3県に一つもないのは寂しいのでぜひ進めてもらいたい」と要請。市長は「根拠がいいかげんな(計画上の)患者数をはっきりさせなければならない」としたうえで、必要と判断すれば3県にも協力を求めたいと応じたという。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


パク・シヨン、多文化家庭白血病の赤ちゃん助け合い »
« がん闘病の支えにタオル帽子 岩手ホスピスの会